体験

さっか禅体験

SAKKA ZEN WEDDING"禅婚"

「さっかの寺」として親しまれ、映画「散り椿」の舞台にもなった曹洞宗の名刹眼目山立山寺。
その寺院で結婚式を挙げる特別プログラムです。

眼目山立山寺は、参道のトガ並木が大変有名で、映画「散り椿」の木村大作監督も惚れこみ、映画の重要なシーンで使われたといいます。
参道の入り口には、真っすぐに空へとのびる杉が立ち並びます。二百メートルほど進むと、趣ががらりと変わり、樹齢四百年と伝わるトガの並木が現れます。北陸の厳しい気候を生き抜いてきた木々は、けっして一直線ではない人生のあり様を、行きかう人々に語りかけているようです。
眼目山立山寺は、いまから650年ほど前の1370年室町時代に開創された曹洞宗の名刹です。立山権現と大徹宗令禅師の出会いに始まる開創伝説を有し、山神と竜神という神霊を開基とする大変珍しい寺院です。その昔、お盆のころになると、寺の開基とされる神霊、山神と竜神が待ち合わせをし、山灯竜灯となって大徹禅師のお墓へ飛来したというまことに神秘的な伝承も残っています。
度重なる兵火や火災を乗り越えて、今も伝わる寺宝として、大徹宗令大和尚禅師頂相があります。
これは、この寺のさらに奥の集落に住まいしていたという城坊太郎に由来します。城坊太郎は悪党として名をはせていましたが、大徹禅師との出会いが城坊太郎を変え、やがて大徹禅師に会えぬ日があると、寂しくていられないほどに慕うようになったそうです。そして、禅師の許しを得、仏師に頼んで禅師の木像を彫ってもらいました。大徹禅師自ら魂を入れ、禅師が呼ぶと頷いて答えたという木像、それが、今に残る大徹宗令大和尚禅師頂相なのです。

神仏と僧との出会い、僧と悪党との出会い、山神と竜神の待ち合わせ...
この眼目山立山寺は、いにしえの頃より、心と心が通い合う出会いの地、魂と魂が結び合う地だったのです。

禅宗には「喫茶去」という言葉があります。
中国唐の時代の趙州和尚の逸話が有名ですが、現代の禅宗では、凡聖、貴賎、男女、自他等の区別なく、誰に対しても真心から接する言葉として、また、禅寺への敷居を低くし、心やすく訪れて禅と触れ合う場という計らいの言葉として生きています。

そのように、神秘的な伝承も持つ寺であり、「喫茶去」という計らいのある禅寺で、お二人の記憶に残る感動の結婚式を挙げませんか。
これからご夫婦となるお二人、すでにご夫婦としての歳月を刻まれてきたお二人、互いをかけがいのないパートナーとして慈しみ支えあう絆を結ぼうとされるお二人の、魂が響きあい、心と心が結び合う、そんなメモリアルなウエディング...それが"さっかのお寺"がご提案するSAKKA ZEN WEDDING"禅婚"です!

主催

眼目山立山寺、協力:上市町観光協会

SAKKA ZEN WEDDING"禅婚" 行程概要:代表例

①立山寺庫裡集合 ※庫裡にて打合せ、必要に応じて着替え(衣装はご用意ください)
②誓いの坐禅
③参道入り口へ移動
④参道を歩く~山門・中雀門をくぐり本堂前へ
⑤赤絨毯の階段を上がり本堂の中へ
⑥所定の位置へ移動
⑦式師による結婚の仏事
⑧指輪・数珠の交換
⑨盃事
⑩先祖への報告

申込手順

①上市町観光協会へ電話・メールで問い合わせ
②日程等の可否を確認
③日程確認後、立山寺と直接打合せがスタート
※申込は1カ月前までに

費用

基本料金27万円(税別)
オプション例(費用別途)
人力車:50,000~70,000円(目安)
食事:ご相談ください
宿泊:ご相談ください

眼目山立山寺「朝活禅」

さっかのお寺では、月初めの日曜日、坐禅体験ができます!
「朝活禅」坐禅と朝粥
朝7時~8時
費用:500円

朝活禅は、事前の申し込みが必要です。
お申込みは、立山寺に直接お電話ください。
立山寺TEL 076-472-0699
ご住職が不在の場合もありますので、お申し込みは直前ではなく、早めのお申し込みをお願いします。

期間

4月〜3月