イベント

2020年11月14日〜11月14日

【ECO2セミナー"百薬"特別講座②】七味唐辛子・ワークショップ

「ECO2セミナー"百薬"特別講座②七味唐辛子・ワークショップ」=白萩南部小学校(公民館)/上市町東種=

 

参加された皆様からご要望の多かったワークショップの第2弾は、七味唐辛子・ワークショップです。

特別講座の第2回目は、東秩父村から西先生も特別講師にお招きし、生薬をひいたりして薬を作るときに用いた伝統的な器具である薬研(やげん)を使って、七味唐辛子づくりのワークショップを行います。

*場所:白萩南部小学校(公民館)/上市町東種17

*時間:10時半~15時半終了予定/1時間の昼休みを予定/受付は10時開始

*参加費:7,000円(材料費保険代等込) / 定員20名(予定)

*昼食:各自用意

 ※昼休みに買いに行けますが、一番近いコンビニやスーパーまで片道約15分です

*作業しやすい服装・靴でご参加ください

■お申込み・お問合せ

上市町観光協会

info@kamiichi.jp

TEL 076-472-1515 / FAX 076-472-1514

 

マスク着用の徹底、手指消毒、3密回避、検温、チェックシート回答など新型コロナウイルス感染症対策へのご協力をお願いします

発熱・倦怠感・咳・咽頭痛などの症状がある場合は、参加をお控えください(キャンセル料は発生しません/要連絡)

 

◆講師

小川康先生

~講師プロフィール~

富山県出身。1970年生まれ。「森のくすり塾」主宰。

東北大学薬学部卒。薬剤師。元長野県自然観察インストラクター。薬草会社、薬局、農場、ボランティア団体などに勤務後、99年1月よりインド・ダラムサラにてチベット語・医学の勉強に取り組む。2001年5月、メンツィカン(チベット医学暦法学大学)にチベット圏以外の外国人として初めて合格し、2007年卒業。日本人唯一のチベット医(アムチ)となる。チベットの唄や踊りにも造詣が深い。

2009年7月小諸に富山の配置薬を扱う「小川アムチ薬房」開店(現在は「森のくすり塾」に改称、長野県上田市野倉に移転)。2015年3月、早稲田大学文学学術院を卒業。修士論文のテーマは「薬教育に関する総合的研究」

著書:『僕は日本でたったひとりのチベット医になった ヒマラヤの薬草が教えてくれたこと』(こみち書房)『チベット、薬草の旅』(森のくすり出版)

添付ファイル